月別の記事表示
月 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
             

不明品種の確定に成功!

こちらの記事で紹介していた
品種不明のユーカリですが、

今回やっと品種確定に成功しました!

fancybox記事210の画像1

色々と海外の栽培者にも見てもらって
以前結論が出たのがEucalyptus kitsonianaでしたが、
別途タネを買ってkitsonianaを育ててみたところ
明らかに葉の質感が違うので
これは絶対違うなあと困り果てていました。

そんなこんなで辛抱強く育ててみた結果、
この度、私が他に育てているユーカリと
全く同じであることがわかりました。

灯台元暗しとはこのことで、
そのユーカリだとは思ってもみなかったので、
全くチェックしていなかったのが盲点でした。

fancybox記事210の画像2

fancybox記事210の画像3

このユーカリ! Osakano_Jieさん
daaasさんに過去プレゼントしたことがあります。

daaasさんにはcamphoraと言って渡し、
Osakano_Jieさんには
camphora → ovata → kitsoniana
どんどん推測が変わっていく始末。。。

そもそも、この品種は
camphora名で購入したタネだったのですが。。。

Osakano_Jieさんdaaasさん、お待たせしました!


この最初camphoraと言ってお渡ししたユーカリは

Eucalyptus melanophloia

で間違いありません!!!

とても時間がかかりましたが、
確定できてとてもスッキリしました!

# by eucalyptus_k | 2012-07-20 19:17 | ユーカリ(品種知識)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(2)
By Osakano Jie at 2012-07-22 10:25 x
eucalyptus_kさん、こんにちわ。
品種の特定、ご苦労様でした。
候補品種をタネから育てるという、時間や手間のかかる作業をされた成果が実を結んだという瞬間ですね。
私は手抜きで、手近にあるAlbopurpurea、Melanophloiaと見比べていましたが、良く分からないと言った状態でした。
私のほうもすっきりさせて頂きました。
ありがとうございました。
By eucalyptus_k at 2012-07-23 19:09 x
Osakano Jieさん、こんばんは!

小さな間はalbopurupureaだったり、
ovata/kitsoniana/fasciculosaなど
色々なものと余り区別がつきませんが、
ある程度の大きさにまで育てると
色々と特徴が出てきて、識別できました。

この元々camphora名だったユーカリは
大きく育てていくと、葉が結構白くなり、
茎も少し粉を吹いてザラザラになることがあります。

これはovata/kitsoniana/fasciculosaには当てはまりません。
また、この特徴で、ある程度大きくなってからの識別を行うと、
識別ソフトでも確実に一択にまで絞ることができます。

そして最後にある程度大きくなった品種同士を比較してみると
特徴、見た目の全てで合致しました。

家では信じられないくらいうどんこに罹るところも
全く同じでこれはとても難儀しています。

とても時間がかかりまして、
色々とお手数をおかけしました。
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/210/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪