月別の記事表示
月 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

【ユーカリ紹介-40】
ユーカリ・ロダンサ (Eucalyptus rhodantha)

記念すべき第40回目は
macrocarpaに次いで大きな赤い花を咲かせ、
丸葉版のmacrocarpaといった外観が美しく、
ユーカリの女王と呼ぶにふさわしい、
ユーカリ・ロダンサです。

◎ユーカリ・ロダンサ
【学名:Eucalyptus rhodantha】
【英名:Rose Mallee】
fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像1

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像2

最近、ユーカリマニアの間では
macrocarpaが少しだけメジャーになってきました。
各所で販売されているという情報も入ってきています。

ところが、そのmacrocarpaの影に隠れてしまい、
かなりレアな存在になってしまっている
ユーカリの女王的存在なのがこのrhodanthaです。

このrhodanthaは海外や現地オーストラリアでも
比較的レアなユーカリで、自生株を見つけるのが困難で、
タネの入手も少し難しく、高価になっています。

外観を見ていただくと、
ちょうどmacrocarpaを丸葉にしたような外観で、
性質も香りも花も、色々な部分が良く似ています。

rhodanthaとは英名の通りRose(薔薇)の意味で、
下の写真のような赤い大きな花を咲かせます。

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像3

私もまだ実物の花を見たことはないので
詳しくはわかりませんが、サイズは少し小さいものの、
macrocarpaの花にとても良く似ています。

両方咲かせて、二種の花を実際に見比べてみるのが、
私の大きな目標の一つでもあります。

性質が似ているということは、
栽培難易度もmacrocarpaに次いで高めになっています。

これは私の環境での話で、
育てる環境によっても異なってくるとは思いますが、
私がrhodanthaを育てている印象では、
発芽~初期の育苗はrhodanthaの方が少し難しく、
15cm程度からの栽培や葉を綺麗に保つのは
macrocarpaの方が圧倒的に難しいという感じです。

また、macrocarpaと同程度の日光を必要とします。
これは、終日直射日光がふんだんに当たる環境を好むという、
ユーカリでも最高に日光を必要とするレベルです。

rhodanthaを半日陰以下の環境で育てた場合には、
いつまで経っても葉が大きくならずに
しまいには枯れてしまうことになります。

30cmを超えるくらいになってくると、
macrocarpa程、シビアな水分管理を必要としなくなるので、
rhodanthaの方が幾分育てやすいともいえます。

とはいえ、どちらかというと手のかかるユーカリなので、
決して初心者向けとはいえません。
雨が降るたびにわざわざ鉢を移動するくらいの
熱心でマメな人向きのユーカリといえます。

生息地は西オーストラリア州の州都パースの
北部から北東部にかけて広がる半砂漠地帯です。
年間降水量は250mm(大阪の1/6)程度で
最高気温が50℃近くにまでなるような過酷な環境です。

また、夏はほとんど雨が降らずに
雨のほとんどは冬季に集中していることも、
日本と真逆の環境であることがわかります。
そのためrhodanthaは高温多湿を極度に嫌います。

macrocarpaよりもさらに暖かい地域に生息しているため、
寒さに対してはrhodanthaの方が若干弱くなります。
アメリカなどの栽培ガイドを見てみると、
冬は温室で管理する植物のリストに入っています。

樹木としては大きくても3m程度といった低木で、
木というよりはBush状(藪状)に広がって育ちます。

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像4

macrocarpaもとても行儀が悪く、
上よりも横に伸びることが多いユーカリですが、
rhodanthaはさらに行儀が悪く、
横に伸びることがほとんどといって良いほどです。

茎や葉はとても硬いので、
幹を真っ直ぐにするために立てた木の支柱が
ある日、横に引っ張られて折れていた
なんてことが何度かありました。

rhodanthaの魅力は何と言っても
まずその白銀大丸葉の美しさではないでしょうか

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像5

かなり大葉で男前なmacrocarpaに比べると、
丸葉が可愛く、少し女性的で美しい印象があります。

ただ、cinerea/kruseanaなどの銀丸葉と比べると、
遥かに肉厚でgoniocalyxも顔負けの大丸葉になります。

またもう一つの魅力は
やはりRoseの異名を持つ美しい大きな赤い花でしょう。

日本でもmacrocarpaの栽培情報や開花情報を
最近はちらほら聞くようになってきましたが、
このrhodanthaは私の周り以外では
育てているという話を全く聞いたことがありません。

このユーカリを開花させることができたら
もしかすると日本で初めて!
なんてことになるかもしれません。

私もmacrocarpaと共にrhodanthaの開花を
当面の目標と定めて、日々精進しています。

rhodanthaの育て方のポイントは
こちらの記事のmacrocarpaの育て方のポイント
を参考にしてみてください。

macrocarpaよりも過湿に対する耐性があり、
雨に当たっても葉が汚くなることは少ないように思います。
また、macrocarpaよりも少し、
水切れに対する耐性が少しだけ強くなっています。

ただし、実際にはmacrocarpaよりも
水が好きなところもあり、
水分が足りなくても、中々枯死することはありませんが、
成長が全く進まなくなるので注意が必要です。

ただし、葉が丸葉でmacrocarpa以上に肉厚なので、
水切れサインがわかりにくいので注意してください。

どうしても自信がないという人は、
kruseana/lehmannii/tetragona/albida/crucisといった
西オーストラリアのユーカリをまず育ててみて、
その水分管理の特徴を身につけると良いと思います。

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像6

rhodanthaの耐寒性ですが、
現地の栽培者の話では-3℃が限界と聞いていました。
ところが昨年の冬は-5℃でも大した葉痛みがありませんでした。
今年も大事をとって、夜は簡易温室に入れていますが、
全くといっていいほど、葉の痛みはありません。
葉が分厚いためか、寒風にもかなり強かったです。

ただし、霜にはかなり弱いようなので、
冬季は屋外でも軒下などに置いて
霜を避ける必要があると思います。

寒さが心配だということで、
冬季に室内で管理するのは絶対に止めましょう!
室内管理は鉢に余分な水分が残るために根が傷み、枯れます。
私の室内管理の枯死率は100%です><;

冬季に寒さが心配な人は、私と同じように、
ホームセンターなどで売られている簡易温室に入れましょう。
もちろん昼間は扉全開でマイナスにいくような日の夜間のみ扉を閉じます。
思っていたよりもなかなか寒さには強いユーカリです。

気になるrhodanthaの香りですが、
macrocarpaよりもさらに良い香りで、香り自体もとても強いです。
手で葉を軽くはたいただけでほんのりと良い香りが漂います。
また水遣りのときなどに葉に水をかけたときも微かに香ります。
甘くアロマティックで爽やかな花のような香りがします。

葉をクラッシュして強く香ると、
葉の生臭さが少し出てしまいますので、
軽くはたくなどで微かに漂わせる方が
花の香りが強くなって、魅力的な香りに感じます。

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像7

美しくもとってもレアなrhodanthaですが、
なんと!!親愛なるこあら師匠の農場に在庫があります。
もし興味のある方がいらっしゃったら喜んでご紹介します!

rhodanthaはタネから販売できる苗サイズにまで育てるのが、
非常に厄介で手もかかり難しく、
さらに発芽率が極端に悪く、タネ自体も高価です。
そのため、少しだけ値は張りますが、何卒ご理解ください。

rhodanthaに関しても、私はずっと勉強中です。
もしrhodanthaを購入された方がいらっしゃったら、
一緒に情報をシェアしながら育てていけたらと思っています。

もしよろしければ、
この記事に非公開でメアドを書いてくだされば、
メールを返信させていただきます。
よろしくお願いします。

fancyboxロダンサ(Eucalyptus rhodantha)の画像8

ぜひ、ユーカリの女王rhodanthaを育ててみて、
その美しさに酔いしれてみてください♪

------------------------------
<栽培難易度:E>
香良さ:★★★★★
香強さ:★★★★
成長力:★★

要水分:★
耐過湿:★★
耐水切:★★★★
耐日陰:☆
耐移植:★★
耐寒性:★★
耐暑性:★★★★★
耐病虫:★★
------------------------------
※A簡単~E難しい / A+...Aより少し難しい

 
# by eucalyptus_k | 2012-01-13 16:10 | ユーカリ紹介
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(6)
By koaramate at 2012-01-13 17:32 x
私のところにもありますが、
私はマクロカルパの方が暑さに弱くて水分管理が難しいように思います。

同じように管理してもローダンザの方が葉に傷みが出ず綺麗です。

多少はシミのようなものも出来ますが、それはもう仕方ないですね。

もう少しすると、丸い葉に覆輪のように外側だけほんのり赤く縁取りが出ますよ。

マクロカルパのように支柱にすれて傷が出来ることもないので丈夫さが気に入っています。

6月頃には販売できそうです。
By eucalyptus_k at 2012-01-13 18:17 x
こあら師匠、こんばんは!
確かにマクロカルパよりは断然安定感がありますよね。
でも、一度半日陰の場所で育てたら悲惨な結果になりました。。。
発芽率がイマイチなのはとても厄介ですよね。

この写真はまだ温かいころのもので、
現在はその赤い縁取りができています。

海外の栽培者やNindethanaの担当者は
こぞって耐寒性には気をつけるユーカリNo.1だというのですが、
そこまで寒さに弱いようには思わない今日この頃です。
By Osakano Jie at 2012-01-15 21:55 x
こんばんわ。
マクロカルパもロダンザも、色々なユーカリの中に置いていても目立つ品種ですね。

根元近くの幹から胴吹きした枝ですが、
マクロカルパの場合は、曲線を描いて真直ぐ上方に伸びてくれますが、
ロダンザの場合は、上へ伸びるのか、横へ伸びるのか分からない様な感じで伸びていきますね。

マクロカルパ2鉢、ロダンザ2鉢で育てていましたが、冬は戸外で無事越冬したのですが、昨年の夏ロダンダが1鉢枯れてしまいました。
置き場所は1対ずつ隣合わせに置いていますが、夏の湿度でやられてしまった様です。

樹形はほっておいても上方に伸びてくれるマクロカルパが好きですが、花となるとロダンザのほうが少し花柄が伸びる様で私好みで、どちらも捨てがたいですね。
By eucalyptus_k at 2012-01-16 11:58 x
Osakano Jieさん、こんにちは。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

macrocarpa/rhodanthaの二種はとても目を引きますね。
栽培難易度が高いと言われるこの二種ですが、
私の育て方の全てがこの二種に合わされているため、
この二種に関しては非常に調子が良くなっています。

ところがその弊害として、
東オーストラリアのユーカリやその他でもう少し湿潤を好む、
西オーストラリアのユーカリなどは少し調子が悪くなっています。
また夏には、初めて水切れも出してしまいました。。。

要するにmacrocarpaに慣れてしまうと、
例えばcinereaが少し不調になったりという有様です><;

Osakano Jieさんも、
数多くのユーカリを育てていらっしゃるので、
ご理解をいただけるかと思いますが多種多様なユーカリがあるからこそ、
百種類以上全てを万全に扱うのはとても難しいことになっています。

恐らくこあらさんかうめさんになると思いますが
誰が一番先に開花の写真をアップできるのか
とても楽しみにしています!
By 姫音 at 2012-01-25 21:47 x
大変遅くなり申し訳ありません。
リンク貼り替えました!
年始から仕事復帰したので、なかなか作業ができず、こんなに遅くなってしまってすみません!
たまに携帯から見てたのですが、
こちらのブログだと携帯から表示できなくてちょっと残念ですが
時間空けてはちょくちょく遊びにきますので
これからも宜しくお願いいたします(ペコリ)

ユーカリ。
うちの子は今紅葉真っ盛りでとっても綺麗ですv
By eucalyptus_k at 2012-01-26 23:28 x
姫音さん、ご無沙汰しています。
リンクの貼り替えありがとうございました!!
携帯にも対応させたいところですが、
私も身内も猫も杓子もスマホなので、
携帯でのチェック作業ができないため、対応できずにいます。
何卒ご了承のほどお願いしますm(_ _)m

お手間とは存じますが、今後ともよろしくお願いします。
家は紅葉が綺麗なものもありますが、
吹きっさらしの過酷な場所のものは
紅葉を通り越してとっても寒そうです!
とくにレモンユーカリなどが寒そうですね><;
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/178/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪