月別の記事表示
月 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

未だに識別できていないユーカリ

ユーカリをタネから育てていると、
違う品種のタネが紛れ込んでいて、
購入したユーカリとは全く違うユーカリが育つことがあります。

業者のタネの管理が悪いといえばそれまでですが、
あんな小さなユーカリのタネが、
少し紛れ込んだりするのは仕方のないことかもしれません。

購入したユーカリと別の品種が育つのは
ある意味少し得をした気分にもなります。

ところが、私のように品種で管理をしているマニアな栽培者や、
こあら師匠のように販売するために栽培されている方には、
ユーカリの品種が特定できずに困ることがあります。

私も数々の出自不明なユーカリたちを
ユーカリ識別ソフトと経験と
現地の栽培者との交流から何とか識別してきました。

cephalocarpaとされていた品種はfasciculosaでした。
neglectaとされていた品種はcrenulataでした。
その他にも色々ありました。。。

ところがcamphora名で購入したユーカリは
未だに完璧な識別ができていません。

Osakano_Jieさんや、daaazさんにも、
Eucalyptus camphoraとしてお配りしたユーカリです。

こちらが幼い時の写真

fancybox記事177の画像1

fancybox記事177の画像2

そしてこちらが現在1m程度まで育った状態の写真です。

fancybox記事177の画像3

fancybox記事177の画像4

fancybox記事177の画像5

ユーカリ識別ソフトや
現地のプロからの情報では90%近い確率で
Eucalyptus kitsoniana
ではないかということになっています。

現在、kitsonianaは別途育苗中です。
まだ数センチなので識別はできていません。
春を過ぎれば、恐らくわかってくることと思います。

このユーカリさえ、識別できてしまえば、
今育てているユーカリの中に、
出自不明なものは一つも存在しなくなります。

# by eucalyptus_k | 2012-01-09 19:30 | ユーカリ(品種知識)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(8)
By habuko at 2012-01-09 22:15 x
koaraさんのブログもeucalyptus_kさんのブログもマニアックなユーカリで全然わかりませんが…読んでいて楽しいです^^

土の乾き具合が気になりスリット部分をよくみたり、土の中に指を入れてみたりしたところeucalyptus_kさんが教えてくださったように中はやはりしめっていました。
そしてもっと気になることを発見しました!すべてのすりっと部分とそのあたりの土が白くなっているのです。カビかとおびえましたが、カビではないような気がします。似ているものを考えてみたところチョークの粉のような感じです。なんだかわからないのですがユーカリの状態、周りの植物の状態などをみると問題はなさそうなのでこのまま様子を見ていきます。

今頃ですが新しいHP、カテゴリがみやすいです!
By eucalyptus_k at 2012-01-09 22:44 x
habukoさん、こんばんは。
マニアックですが、こんなユーカリもあるんだなぁ
くらいで暇つぶしにでも見てやってくださいませ^w^

冬は余程のことがない限り、水切れにはならないので、
ゆったり様子を見ながらのんびり管理してみてください。

その白い粉のようなものは恐らくカビかと思いますが、
特に実害はなく、普通に土に生える苔のようなものです。
冬はどうしても水分がこもりやすいので、生えますね。
でも、家も全部生えていますから大丈夫です。

春になって、乾きも良くなってくると、
自然となくなっていくことと思います。

最近知ったのですが、カビは高温多湿が好きと思われがちですが、
冷涼多湿、冷涼乾燥が好きなカビもあるみたいです。
私が毎年苦しめられているうどんこ病のカビも、
冷涼乾燥が好きだったりします。

冬はカビや虫などの被害も一切ありませんから、
私としてはとてものんびり息抜きのできる季節です。
By habuko at 2012-01-10 11:10 x
カビでしたか!?手で触ってました(>-<)でも害がなさそうなので一安心です。冷涼多湿、冷涼乾燥でも生えるのですね~本当に勉強になります。

冬はこのまま無事に越していけそうなので春になったらまたお世話の仕方などわからないことご教授いただければ嬉しいです。

成長し始める季節、楽しみで仕方ありません!!

By koaramate at 2012-01-11 18:16 x
全部分かってしまうと楽しみが減ってしまいますよ。

ものは考えようです。

どちらにしても、カンフォーラでないのは確かですね。
ただし、カンフォーラもたくさん露地で育ててみれば3種類くらいの違ったものに区分できます。

コアラのものも大きくなったらアップしますね。
By eucalyptus_k at 2012-01-12 00:09 x
habukoさんこんばんは^^
冬はのんびり養生させるかのように
じっくり育てて、春にワッと育てて楽しんでください。

私も今年の冬は新たなタネなど一切播かず、
のんびりと既存の品種を観察しながら
育てていきたいと思っています。

今後とも何かありましたら
情報交換でもしましょう!!
By eucalyptus_k at 2012-01-12 00:12 x
こあら師匠こんばんは^^
確かにそうですが、これからもこういった
予測もつかないような品種はどんどん現れそうですね。

適職が学者や探検家らしいので、
どうしてもわからないと気になってしまいます><

macrocarpaやkruseanaなど
難易度の高いユーカリも何とかこなせるようになってきましたが、
何と情けないことに、camphoraは失敗続きです。
沼地出身ということで過湿にしすぎるのが原因でしょうか。。。
By koaramate at 2012-01-12 10:28 x
うちでは、テトラゴナは水に浸けますが
camphoraは乾かし気味です。

ほとんど、サボテンと同じ扱い。
By eucalyptus_k at 2012-01-12 11:16 x
こあら師匠こんにちは!
なるほど!実はスワンプとはいいますが、
結構、乾燥気味管理の方が良いということですね。

他にもスワンプ名を持つ、
robusta/ovataなどは結構過湿でもいけるので、
camphoraもそんなものかと思っていました><;

cinerea程度の管理を心がけようと思います。
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/177/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪