月別の記事表示
月 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

冬のユーカリ管理 その2(耐寒性について)

先日メールをいただいた方から
冬のユーカリ管理について書いてほしいと
ご要望があったので、書いてみたいと思います。

あくまでも私の環境と経験に基づいた内容ですので
ご自身の栽環境とは必ずしも当てはまらないので
そのあたりはご了承くださいね。

では、寒い寒い屋外でどのようにして越冬させるのか?
まずはお育てのユーカリの耐寒温度を知ることが大切です。

これはネットなどで調べればある程度見つかりますが、
わからない場合は私までお問い合わせいただいても結構です。

では例としてcinereaを取り上げてみます。
cinereaの一般的な耐寒温度は-12℃です。

よし!-12℃なら大丈夫だ!
と単純にはいきません。

この-12℃という耐寒温度は
実際には成樹で露地植えの場合
あくまでも一般的な耐寒温度です。

鉢植えであったり、幼苗であったり、
風の強い場所であったりする場合は
かなり変わってきます。

まず、鉢植えの場合は耐寒性が下がります。
一般的には素焼鉢や陶器鉢よりも
プラスチック鉢の方が耐寒性は上がります。

また、水分多めで管理すると耐寒性はガクンと落ちます。
風の強い場所では体感温度が変わりますから、
耐寒性もグンと落ちることになります。

多くの方は鉢植えでの管理をされていると思うので、
これはあくまでも目安ですが、その場合の耐寒性は
この場合の-12℃から3~4℃下がった、
-9~-8℃くらいが妥当な耐寒温度といえます。

次にこの耐寒温度というものは
あくまでも生き延びることのできる限界温度ですから、
葉が傷んだり、葉が散ってしまうことは
全く想定されていない温度になっています。

ユーカリは寒風をびゅんびゅん浴びると
葉が酷く痛んだり、散ってしまうことがあります。

もちろん春には美しい新芽がどんどん出ますが、
冬前の美しい樹形を維持したい場合もあると思います。

そのような場合は、まず風を避ける工夫をすること、
そして、耐寒性をさらに3~4℃下げた、
この場合では-5℃くらいで管理すると
酷い葉痛みを防ぎ美しい樹形を維持することができます。

# by eucalyptus_k | 2011-11-08 20:20 | ユーカリ(栽培知識)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/169/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪