月別の記事表示
月 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

2010/10/24 ユーカリ育成の近況(4)

恒例の育てているユーカリたちの近況です。
今回も「鉢植えになっている」ユーカリほぼ全てを公開します。
※今回はABCD順に公開していきます。

robusuta/rudis/citriodoraなどについては、
既に大幅な剪定を行ってしまったため省いています。
robusuta/rudisについてはユーカリ紹介の写真が最新です。
またcitriodoraは2m近くまで成長していました。

この他にもポット苗が多数あります。
またポット苗にはここにはない品種もあります。
これは自身の記録としても使用しているので、
お時間のある方のみご覧になってくださいね。
何しろ数が多いですから^^;

写真は全て撮影を完了しているのですが、
数が多いため、全5回に分割してアップしています。
よろしくお願いいたします。

<バックナンバー>
・2010/5/1の状況
・2010/5/7の状況
・2010/6/5の状況
・2010/6/19の状況
・2010/8/8の状況(1)
・2010/8/8の状況(2)
・2010/8/8の状況(3)
・2010/8/8の状況(4)

●Eucalyptus orbifolia
fancybox記事114の画像1

種播時期:苗を購入
現在樹高:60cm
鉢サイズ:6号プラスチック
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

今年はとにかく最大限に水を控え目に育てたところ、
びっくりするほど順調に白く美しく育ちました。
葉が余り大きく育たないのは日照不足でしょうか。
昨年は全く問題なく野外越冬できたので今年も安心です。
西AZ軍団の中では育てやすいユーカリだと思います。

●Eucalyptus pachyphylla
fancybox記事114の画像2

種播時期:今年春
現在樹高:10cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

とにかく病害虫の被害に弱いユーカリです。
ハダニうどんこ病のダブルアタックでダメージを受け、
成長がかなり遅れてしまい、サイズは小さめです。
その被害さえなければ、そんなに難しくはないと思います。
真夏よりも少し涼しくなってからの方が調子が良いです。
意外に美しい葉色で一番花を咲かせてみたいユーカリです。

●Eucalyptus parvula
fancybox記事114の画像3

種播時期:昨年冬
現在樹高:25cm
鉢サイズ:6号プラスチック
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

元々成長も早く育てやすいユーカリのはずですが、
梅雨時期のうどんこ病と夏季のハダニで遅れをとりました。
今でもあまり調子が戻ってきているとは言い難いです。
スペースの都合で、どうしても少し置き場所が悪く、
より日光に当てることができれば元気になると思います。
寒さには非常に強いので冬季の活動にも期待しています。

●Eucalyptus perriniana
fancybox記事114の画像4

種播時期:苗を購入
現在樹高:50cm
鉢サイズ:5号陶器
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

元々かなり調子が悪かったのですが、
置き場所を改善して、風通しと日光を確保したところ、
今までにないほど好調になって脇芽を出してくれました。
冬真っ盛りでも葉の痛みは微塵もなく、
ときには新芽を出すほど寒さには強いので、
過湿にさえ気をつければ余裕で春を迎えられそうです。

●Eucalyptus pleurocarpa
fancybox記事114の画像5

種播時期:昨年冬
現在樹高:10cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:簡易温室
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

当初は全く成長を進めることがなく、
一時はベランダでの栽培を諦めかけたほどですが、
ある程度の日光を確保し、水分管理に気をつけたところ、
何とかこの大きさまで成長してくれました。
とにかく強い日光と高温が成長のキーだとわかりましたが、
家のベランダではこの2つの確保は非常に困難です。
extricaと共にベランダでの育成方法を確立したいと思います。
家ではExtricaより毛が濃く、葉色が少し白っぽいです。

●Eucalyptus pluricaulis ssp. porphyrea
fancybox記事114の画像6

種播時期:苗を譲受
現在樹高:15cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

Osakano_Jieさんより頂いた苗です。
家のベランダの環境に合っていないユーカリの一つです。
そのため、成長は遅く、
かなり水分管理に気をつける必要があります。
もう少し日光を確保することができれば、
もっと丈夫に早く大きく育てることができると思います。
マイペースにベランダでの育成方法を確立するしかありません。

●Eucalyptus polyanthemos ssp. polyanthemos
fancybox記事114の画像7

種播時期:昨年冬
現在樹高:30cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

春先は中々成長が進まずに成長が遅いなあと思っていたら、
夏になり気温が上がると同時に爆発的に成長しました。
秋になってからは少しおとなしくなってきました。
このssp. polyanthemos
病害虫の影響をあまり受けず丈夫に育っています。
viminalisなどと同様のスタンダードなユーカリ管理をします。

●Eucalyptus polyanthemos ssp. vestita
fancybox記事114の画像8

種播時期:今年春
現在樹高:35cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

こちらの方が大分遅くにタネを播いたにも関わらず、
ssp. polyanthemosより背丈も葉の大きさも上回っています。
ところが、うどんこ病の被害が甚大で
多くの葉が汚くなってしまいました。
少し葉が薄っぺらいのは日照不足が原因でしょうか。
この葉の薄さが病害の大きな要因になっている気がします。
ssp. polyanthemosより大きな団扇型の葉をしていますが
あまり大きな差は今のところ感じられません。

●Eucalyptus polybractea
fancybox記事114の画像9

種播時期:昨年冬
現在樹高:12cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が半日当たる日陰

暑い夏の方が成長するかなと思っていましたが、
涼しくなってからの方が成長がかなり進むようです。
一旦乗ってくるとかなり早いペースで成長します。
一番早い時は2日で立派な葉が一対できることもありました。
梅雨時期にうどんこ病の被害が甚大だったため、
結果的には小さなサイズにとどまっています。
水切れに弱く、いきなり大きくヘタるので注意が必要です。

●Eucalyptus pruinosa
fancybox記事114の画像10

種播時期:昨年冬
現在樹高:20cm
鉢サイズ:6号プラスチック
越冬場所:簡易温室
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

私には珍しい熱帯オーストラリアのユーカリです。
やはり夏の暑い盛りが一番順調に成長していきます。
ある程度の温度がないと葉が中々大きくなりません。
余り病害虫の影響を受けることなく、マイペースに育ちます。
水も日光も適度で比較的安定して成長してくれますが、
イマイチ育て方が掴みにくいユーカリです。

●Eucalyptus pulverulenta
fancybox記事114の画像11

種播時期:苗を購入
現在樹高:30cm
鉢サイズ:7号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

銀世界の名で有名なpulverulentaですが、
かなり多くの日光を確保できないと非常に貧弱に育ちます。
家では完全に日照不足でcinereaよりもかなり小さな葉のままです。
これで2年目ですが、上には中々伸びずに脇芽をたくさん出します。
今年は訳あって大きな植え替えがあったので、
余計に成長が遅れています。
ハダニの被害にもあっていたようですが、
葉が分厚いため、全く気づきませんでした。。。

●Eucalyptus radiata
fancybox記事114の画像12

種播時期:昨年冬
現在樹高:12cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

一時はホコリダニの影響で新芽や葉先に枯れが出て、
全く成長をストップさせてしまい、危ない状況でしたが、
そこから何とか新芽を出して、それなりに育ってくれています。
もっと爆発的な成長力を期待していましたが、
家では一年近くかかってこの大きさまでしか育ちませんでした。
どちらかというと春秋の涼しい季節の方が順調に成長するようです。

●Eucalyptus rhodantha
fancybox記事114の画像13

種播時期:昨年冬
現在樹高:15cm
鉢サイズ:6号素焼き
越冬場所:簡易温室
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

今年育てていったユーカリの中で
大きく失敗したユーカリの一つです。
過湿+日照不足とうどんこ病の影響で
ほとんどの葉が落ちてしまいました。
発芽率が余りよろしくないため、
まともな苗の確保もできていません。
これもmacrocarpa等と同様に、発芽後の育苗初期は、
しっかりと直射日光に当てて、丈夫な根を育てる必要があります。
この状態で無事に冬を越せるかわかりませんが
できる限り頑張ります。
余り水を必要とせず、
より高温が好きなmacrocarpaといった感じです。

●Eucalyptus risdonii
fancybox記事114の画像14

種播時期:今年春
現在樹高:15cm
鉢サイズ:6号スリット
越冬場所:野外
置き場所:直射日光が1/3日当たる日陰

かなり遅くにタネを播いたにも関わらず、
ここまで良く成長してくれたなあと思っています。
一日に数時間でも直射日光を当てるだけで成長が全然変わります。
後はスタンダードなユーカリ管理で安心して育てられます。
dives/tenuiramis/risdoniiの3種は
外観も性質も非常に良く似ていますが、
どれもほとんど病害虫の影響を受けないのが特徴です。

パート4はこれで終了です。
パート5まで続きます。
お時間のある方はお付き合いください^^V

# by eucalyptus_k | 2010-10-31 00:53 | ユーカリ(栽培実績)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/114/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪