月別の記事表示
月 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ユーカリ・ディシペンス・アデスモフロイア
(decipiens ssp. adesmophloia)の開花

引き続き我が家のベランダでの
ユーカリ開花情報です。

ハートリーフユーカリdecipiens
亜種、ssp. adesmophloiaが開花しました。

fancybox記事365の画像1

fancybox記事365の画像2

fancybox記事365の画像3

ハートリーフユーカリdecipiensの中では、
ssp. adesmophloiaは葉の青みが強く、
最もハート型にはなりにくく、
ティアドロップ型(涙型)のような葉型になります。

ただこれらの亜種の最も大きな差は
生息地や樹形、樹皮などが主となるため、
苗木時点での違いは個体差によるものも大きいです。

ssp. adesmophloiaは三種の中では
最もスムースなリボンガム系の樹皮に育つようです。

decipiensの花はどの亜種でも同じで、
たくさんの花がまとまって咲くのが特徴です。

fancybox記事365の画像4

fancybox記事365の画像5

一つ一つは小指の先程度の小さな小さな花ですが、
たくさんの花がまとまって咲いているので、
思ったよりも存在感があります。

fancybox記事365の画像6

他ではlehmanniiの花も同じような構造により、
かなりの存在感を出しています。

たくさんの花がまとまって付いているので、
その実はとても面白い形状になります。

特にタネを採集した後のガムナッツは、
トゲ付き鉄球のような形をしていて面白いので、
花材としても人気があるようです。

fancybox記事365の画像7

我が家は高層階のため、なかなか授粉は難しく、
ガムナッツを生成することはできないかもしれませんが、
私の知るところでは、decipiensが、
そしてssp. adesmophloiaが開花したというのは
全く聞いたことがありませんでしたので、
とても嬉しく、びっくりしています。

fancybox記事365の画像8

元々このssp. adesmophloiaは非常に調子が悪く、
前回開花したtorwoodほどではありませんが、
菌類系の病気に罹っているようで、
綺麗な葉がなかなかできずにずっと心配していました。

現在もまだ葉が汚くなりやすいですが、
一時期よりはかなり調子を戻しています。

一般的にも良く言われますが、
少し調子の悪い株の方が
子孫を残そうと躍起になるのでしょうか?
花が咲きやすいように思います。

fancybox記事365の画像9

うまくいけば次は、
torquataが開花しそうです。

# by eucalyptus_k | 2015-05-25 22:40 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/365/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪