月別の記事表示
月 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

やっぱりgunniiは美しい!

珍しいユーカリを多数育てている私ですが、
実は最もありふれたユーカリである、
gunniiの栽培があまり得意ではありません。

ユーカリを育て始めた初期から栽培している
立派なgunniiを一昨年に枯らせてしまい、
我が家にはマトモなgunnii
一本もない状態が長らく続いていました。

ただタネは各亜種で管理していますので、
原種のgunnii ssp. gunnii
亜種のgunnii ssp. divaricata
別種になったarcheriと3種類しっかりあります。

すでに別種扱いなので、
gunniiと言って良いのかわかりませんが、
その中でもarcheriだけはガンガン成長していて、
150cmを越えようという勢いです。

fancybox記事360の画像1

ぶっちゃけ別種扱いになったくせに
イマイチその他のgunniiとの違いがわかりません。

fancybox記事360の画像2

上の写真のように左右対称ではない葉が出ることと、
新芽の白さの割に、下葉の青色が濃くなることなどが
archeriの特徴のようですが、
個体差と言い切ってしまえる程の差でしかありません。

我が家には学名にgunniiと付くマトモな株が一本もない、
そんな情けない状態でコツコツとgunniiを育ててきて、
やっとこさそれなりの株が揃ってきました。

気候自体があまり大阪に合っていないこともありますが、
我が家では、高温乾燥好きな
西AZのユーカリばかりを育てていることもあって、
総合的にgunniiに合った環境を完備できていません。

またどうしてもその強健な性質に甘えて、
劣悪な場所に置いたりするので、
いきなり枯れてしまったり、
慢性的に生育状況が良くなかったりしていました。

少し良好な場所に置いてあげたら、
やっとマトモに育ち始めてきた
gunnii ssp. divaricataです。

fancybox記事360の画像3

fancybox記事360の画像4

冬場の白く輝くような丸葉は、
albidagilliiの銀葉にも引けを取りません。

gunniiの中でも、このssp. divaricataは、
園芸品種として最も人気がありますので、
日本のgunniiの中にも良く混ざっています。

Silver Dropという名前が付いているものは、
このssp. divaricataであることが多いようです。

最も小丸葉が映えて、
銀葉の美しくなるgunniiですので、
栽培にはオススメの種になります。

次は私の手抜きのせいで、
最も栽培の遅れている原種のssp. gunniiです。

fancybox記事360の画像5

まだ15cm程度の小苗ですが、
今年の寒い冬をものともしません。
耐寒性最強クラスは伊達ではありません。

今のところあまり大きな違いはわかりませんが、
3種の中では最も楕円型の大きな葉になるようです。

こうしてしっかりと育ててみると、
改めてgunniiは綺麗だなと思わされます。

ユーカリマニアには、
少し面白みの欠けるユーカリなのかもしれませんが、
美しいgunniiをしっかりと育て上げることも、
ユーカリ栽培の醍醐味ではないかと思いました。

しばらくは、少し力を注いで栽培を行い、
gunniiについてもさらに勉強したいと思います。

# by eucalyptus_k | 2015-02-09 17:38 | ユーカリ(栽培実績)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(7)
By 鵄杏 at 2015-02-10 11:16 x
こんにちは。
今日はキーンと冷えていましたが陽射しが気持ち良かったので縁台に出して来ました。
枝の所々が黒っぽくなっているのが気になるのですが、細かい新芽もたくさん出ているので新芽の生命力に期待したいです。
By SECRET at 2015-02-10 20:16 x
非公開コメントです
By koaramate at 2015-02-10 20:24 x
最近、あちこちのタネ屋さんからvestitaのタネが記述から消えていますが、何かご存じないですか?

By eucalyptus_k at 2015-02-12 12:07 x
鵄杏さん、こんにちは!

春以降の成長が楽しみですね。
またお育てのユーカリの近況を
お時間のあるときにでも教えてくださいね♪
By eucalyptus_k at 2015-02-12 12:10 x
こあら師匠、こんにちは!

元々局地的な生息種でレアな種と言えますし、
先年からのサビ病の影響で、
タネの移動が法律で制限されていることもあるかもですね。

最も大手のNindethanaは西のタネ屋なので、
東の在庫は新たに入手しにくいようです。

しかしNindethanaの最低購入額が結構高いのは
非常に使い勝手が悪いですよね。。。
By koaramate at 2015-02-21 23:59 x
私は栽培農家だから、少なくても一度にAU$400位支払うのであまり気にならないけどね。

もちろん検疫手数料込みですけどね。
1軒でほしいタネが集まらないと、手数料が単純に倍になるからこの手数料が種苗会社数件に支払うということの方が痛いですね。
By eucalyptus_k at 2015-02-28 15:21 x
こあら師匠、こんにちは!
検疫証明書の手数料はとても趣味の範囲で
賄いきれるものではありません。。。困ったものです。
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/360/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪