月別の記事表示
月 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

ディシペンス・アデスモフロイア
(decipiens ssp. adesmophloia)の蕾

我が家には樹高1mを超える
decipiens ssp. adesmophloiaがあります。

ssp. adesmophloiadecipiensの中でも、
葉があまりハート型になることがなく、
葉色も深い青緑色になる亜種です。

fancybox記事326の画像1

ところがこの株は非常に調子が悪いです。
見ていただくと分かりますが、
中間部分にほとんど葉がありません。
また変な葉枯れの症状にも悩まされています。

実際には鉢が膨張するくらいに、根がパンパンなので、
そろそろ鉢増しも行おうと思っていますが、
そんなdecipiens ssp. adesmophloia
蕾ができているのを発見しました。

fancybox記事326の画像2

fancybox記事326の画像3

この蕾はlehmanniiの蕾のように
まるで悪魔の爪のような形状で複数の蕾が付き、
開花後の果実はトゲの付いた鉄球のような
かなり特異な形になります。

fancybox記事326の画像4

そのため今の時点ですでに
赤ん坊の手のような形をしています。

蕾ができてくれたのはとても嬉しいのですが、
無事に開花できるかは全くの未知数です。

本当にこの株は色々と調子が悪いのです。
変な病気に罹っているように思います。

葉を照明に透かして見ると、
色が抜けて見える部分があると思います。

fancybox記事326の画像5

このような箇所はしばらくすると、
下の写真のように茶色い斑点に変わります。

fancybox記事326の画像6

この病気はdecipiens系全般で非常に良く発生します。
decipiens系は良く枯れることもあるので、
しばしばタネを播いて育苗することがありますが、
先日もこの病気で立派なssp. chalaraを枯らせています。

消毒をしてもあまり大きな効果はないのですが、
栽培環境の改善を行っていくと、
症状がかなりマシになる傾向があります。

もしかすると生涯保有菌のようなもので、
調子が悪くなると症状が出てくるのかもしれません。

gilliipleurocarpaextricaなどには、
前年と同じく、既に蕾が付いていますが、
先日開花したtorwoodのように、病気がちな株ほど、
新たに蕾を付ける可能性が高いように思います。

良く言われる、生存の危機を感じて、
蕾を付けて子孫を増やそうとするという説は、
やっぱり正しいのでは?と思わされます。

# by eucalyptus_k | 2014-06-23 12:16 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(2)
By koaramate at 2014-07-05 10:32 x
ウチのアデスモフロイアはかなり高確率でハート型がでます。

逆にチャララは確率低いですね。
By eucalyptus_k at 2014-07-14 14:17 x
うちのchalaraも元々はハート型の葉が全然なかったのですが、
今年新芽が出てからは、原種並みのハート葉が出だしました。

結果的にイマイチ違いが分かりにくいですが、
adesmophloiaだけは少し葉色が違うように感じています。
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/326/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪