月別の記事表示
月 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

ユーカリ栽培最大の障害

私がユーカリを育てている中で
最大の障害が二つあります。

それは、、、
うどんこ病ハダニです。

主な発生時期は
うどんこ病が5~7月と10~11月、
ハダニが7~10月です。

この二つの発生時期は微妙に被らず、
ダブルパンチを食わないのが唯一の救いです。

この二つの障害は
ユーカリを屋外の日光が良く当たる
風通しの良い場所で育てている人には
あまり縁のない存在かもしれません。

我が家はベランダと言う閉鎖された環境で
日照もかなり悪いということから、
この二つがかなり猛威を奮うのです。

ハダニは比較的大きく育った株に発生し、
執拗な水攻めと毎日の確認で
枯れを出すほどのことは中々ありません。
また、被害の酷くなる品種も限られています。

とにかく早目に発見して、
水で流してしまえば何とか乗り切れます。

最も暑い時期に大発生して、
手がつけられなくなるときには、
ニッソランいう薬品を使用することがあります。

fancybox記事151の画像1

この薬品はハダニに対しては絶大な効果があり、
撒いてしまえば、そのシーズンはまず乗り切れます。
また、希釈倍率が高いので、
比較的幼い苗でも薬害が出ることはありません。

ただ、閉鎖環境で撒くと少し気分が悪くなるので、
本当に最後の最後にだけと決めています。

次にうどんこ病ですが、
これがある種、最強の障害といえます。

なぜかというと、
ミント系ユーカリの一部の品種以外、
ほぼ全ての品種に大発生し、
わずが数センチの超幼苗にも多発するからです。

大きな株の場合、葉が汚くなる程度の被害ですが、
小さな苗の場合は枯死する可能性が高いです。
また、閉鎖されたベランダですから、
もう広がり放題に広がり手がつけられません。

最初はなるべく農薬は使用せず、
ネットで色々調べて、木酢や重曹など
オーガニック系の方法を色々試しましたが、
家でははっきりいって全てまやかし。。。
効き目は全てがゼロでした。

うどんこ病というものは、
様々な植物で発生する病気ですが、
植物によって発生する菌はそれぞれが別種なのです。
うどんこ病といえば、イチゴやバラが有名ですが、
イチゴ、バラ、ユーカリにつく菌は異なるわけです。

そこで、ユーカリのうどんこ病に効く薬
尚且つ薬害の出ない薬を探す旅が始まりました。

おそらくうどんこ病に効く薬として
そこらで売っているものは
全て試しきったといっても過言ではありません。

薬が効かずにうどんこ病で枯れた苗、
薬害で枯れた苗は数知れず。。。

周りでは最も葉が豊かに生い茂る時期が
家では最も葉が汚くなる時期になっていました。

あんなこんなで数年がかりで試しましたが
ユーカリのうどんこ病に効く薬というものを
どうしても見つけきれずにいました。

敢えて効果のあるものとしては、
トップジンMスプレーカリグリーンです。

ただ、トップジンMスプレー
多くの品種に薬害が出て、幼苗には使えず、
葉が白く汚れてしまうという欠点がありました。
また、完全に根絶するには力不足でした。

カリグリーンは撒いて1週間は押さえられますが、
1週間以上たつと、どんどんと再発していきました。
また展着剤の使用量が難しく、
展着剤の量を間違うと酷い薬害が出ました。

ユーカリの葉は白く粉を吹いているものが多く、
かなり強く水を弾く性質を持っています。

そのため、通常の展着剤の使用量では、
葉が薬を弾いてしまい、あまり効き目が望めません。
ただ、量を増やしてしまうと、白い粉を剥がしてしまい、
葉が汚くなり、そこから酷く枯れてしまいます。

私のイメージですが、
ユーカリはかなり薬害の出やすい植物です。

日光の良く当たる環境で
丈夫に育った葉ならともかく、
家のような日照不足の環境で育った
柔な葉であれば余計に薬害も酷くなります。

まあ、そんなこんなで、
数年越しで大概の薬も試し終わり、
半ばあきらめかけていたところでした。

ネットで何気なく調べていたときに、
ある薬品を見つけました。

紹介されていたうたい文句は、
うどんこ病の最後の砦だとか!

ただ一つ大きなネックがありました。
この薬は異様に高価なのです!

家にはかなりの量の株がありますから、
薬を買うときは業務用の100~250gの大袋で買います。

大概の薬はそれで大体1000円と少々
くらいの値段で買えるのですが、
この最後の砦は100gでなんと!
3500円近くもするのです(高すぎ!)

最後の最後まで迷いましたが、
ベランダは真っ白粉景色、、、
もうこれっきゃないと買うことにしました。


撒いてみて。。。

まず薬害はまったくありません!
家で最も薬害の多発する品種でも
ほぼ薬害は見られませんでした。

希釈倍率が2500倍なので、
薬害が出にくくなっているのでしょう。

次に効き目は。。。

一回撒いただけで、
うどんこ病の新規発生がほぼなくなりました!!

家で一番うどんこ病の被害の多い4品種。。。
Eucalyptus leucoxylon
Eucalyptus cladocalyx nana
Eucalyptus melanophloia
Eucalyptus Forrestiana


特にCladocalyxなんて、
我が家のうどんこ病の媒介主で、
葉を毎日ふき取っても、翌朝には真っ白。。。
もう手がつけられない品種でした。

この4品種だけは何度か繰り返し撒いて、
これもほぼ発生を抑えることに成功しました。
もちろん薬害もありません。

数センチの幼苗にも撒きましたが、
これもほぼ薬害はなしといえる状態でした。

これから先の経過を見ていかないと、
最終的な結果はわかりませんが、
この薬害のなさで、この効き目は凄いと思いました。

私みたいに閉鎖環境で苗同士の葉が触れ合うくらい密に
100品種以上も育てている人はいないと思いますが、
うどんこ病に悩まされる人がいたらぜひお試しください。

ただし、2500倍希釈の薬品が100gで3500円前後。
これは普通の人には中々手が出しにくいかもですね。

その最後の砦の名は!?

ポリオキシンAL水溶剤
fancybox記事151の画像2

他に水和剤や乳剤もありますが、
水溶剤を選択してください。

成分は土壌細菌から発見された天然物質で
純国産の抗生物質だそうです。
そのため、人体や他の動物に対する
危険性が極めて低くなっています。

私は撒いても気分が悪くなったり、
肌が荒れるようなことは一切ありませんでした。

この成分を食らったうどんこ病菌
新たな胞子や菌糸を生成することができなくなるため、
強力な防除効果と治療効果があるようです。

また凄いことに!
ハダニにも効くようで
殺ダニ剤としても認識されています。

これは本当にお役立ちですね!
ユーカリのうどんこ病&ハダニに効く薬
そして私のためにあるような薬
やっと見つけることができました♪

# by eucalyptus_k | 2011-06-26 01:05 | ユーカリ(栽培知識)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)
 
NAME: 
※必須
URL: 
※省略可
EMAIL:
※省略可
※メールアドレスは非公開です。
※メールアドレスを入力すると管理人のレス時にお知らせメールが届きます。
※必須
削除用PASS: 
※必須・数字のみ
※ブログの持ち主のみにコメントを公開したい場合はチェックしてください。
※非公開コメントはコメント一覧に一切表示されません。
※This is secret comment check.

認証キーを入力してください ※必須
トラックバックURL : http://www.eucalyptus.jp/tb/151/
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪