月別の記事表示
月 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

ユーカリ・ピンピニアナ(pimpiniana)の蕾

我が家にあるユーカリで最もレアな品種の一つに
Pimpin(ピンピン)という愛称で呼ばれている
Eucalyptus pimpinianaというユーカリがあります。

このユーカリはSAの乾燥地帯に生息し、
極めて樹高の低い小型のユーカリです。

最高樹高は2m程になることもありますが、
大概は1m程度の茂み状に育ちます。

ただし非常にローカルな品種のため、
現在タネを入手する手段が見つかっていません。

私はたまたまタネを持っている
現地のコレクターから少し分けてもらいました。
そのため残っているタネの数も少ないです。

非常に低樹高な品種ですから、
早期の開花が見込めるはずです。

我が家でも2年目の樹高80cmくらいで
たくさんの蕾を付けてくれました。

ところがそこから一向に開花する気配が無く、
蕾がダメになってしまうわけでもなく、
現在までほぼ1年以上かけて、
じっくりと蕾を成長させてきました。

そのpimpinianaの蕾が
この度、かなり大きくなっているのを発見しました。

fancybox記事387の画像1

私の指と比較してみると
かなり大きくなっているのがわかります。

fancybox記事387の画像2

写真は一部を写したものですが、
他にもいくつかの蕾が付いています。

また先端部分には、まだ小さいですが
新しい蕾も付き始めています。

蕾の先端が赤くなり始めているので、
うまくいけば春には開花が見込めそうです。

fancybox記事387の画像3

非常にレアな品種ですし、
これも開花を実現することができれば、
日本初ということもあり得るかもしれません。

pimpinianaは比較的強健で、
強風にも負けず蕾も頑丈なので、
是非とも開花を実現したいところです。

ただここまで開花に時間がかかっているのは、
品種の特性なんでしょうか?
それとも栽培環境が悪いからなのでしょうか?

pimpinianaはとても暑い季節に成長を進め、
涼しくなるとあまり動きが無くなりますので、
もっと日光ガンガンで暑い場所の方が
栽培環境として良いのかもしれません。

ただ寒い場所に置いているにも関わらず、
冬場も葉が傷むことはあまりなく、
病害虫にも強いのでとても育てやすい品種です。

とにかく今一番楽しみにしているpimpinianaです

# by eucalyptus_k | 2016-02-25 19:38 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)

ユーカリ・オービフォリア(orbifolia)の開花

ハートリーフユーカリとして
最近人気急上昇中のorbifolia

最高樹高も4m程度と低く、
開花もしやすいユーカリです。

我が家では過去に何度も
蕾を付けているのを確認できていましたが、
日本と気候の合わないユーカリであり、
我が家の環境はベストとはいいがたいので、
蕾は常に開花に至らずに落ちてしまっていました。

3度目の正直という今回、
この厳冬期に開花を確認することができました。

fancybox記事386の画像1

fancybox記事386の画像2

fancybox記事386の画像3

花としては非常にスタンダードな
白いユーカリの花になりますが、
開花実績の多いgilliiextricaなどの花と比べると
サイズが少し大きめでなかなか存在感があります。

fancybox記事386の画像4

花自体のサイズとしては
ちょうどtorquataの花と同じくらいでしょうか。

花の開花時期としては
その他の多くのユーカリと同じように
晩春くらいから蕾を付け始めて、
越冬後の翌早春に花を咲かせます。

良く見かけるミモザアカシア
同じような開花サイクルになります。

このタイプのユーカリの開花で
気を付けるポイントとして、
栽培環境が悪いと秋に開花が始まってしまい、
そのまま冬を迎えて蕾がダメになってしまうケースや
冬の寒さで膨らんだ蕾が破裂して
ダメになってしまうケースがあります。

先日の記事で紹介させていただいた、
woodwardiiの蕾のいくつかも、
すでに破裂して割れてしまっているものがあります。

またユーカリ中で最も大きな花を咲かせる
macrocarpaの花も同じ開花サイクルで
冬に蕾がダメになってしまうことが良くあるそうです。

今回のように、この寒い時期に開花するというのは
かなり珍しいケースだと思います。

fancybox記事386の画像5

fancybox記事386の画像6

我が家には2株のorbifoliaがあり、
今回開花したのはその内の1株です。

この株にもまだ蕾が残っており、
もう一本の株にも蕾がたくさん付いているので、
春には更なる開花が見込めそうです。

我が家ではorbifoliaは初の開花になるので、
ユーカリ管理では少し寂しい冬に
とても華やかで嬉しい出来事となりました。

まだまだ寒い日が続きますが、
まずます春が待ち遠しくなってきます

# by eucalyptus_k | 2016-02-15 18:03 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(4)

年始のユーカリの蕾たち

あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いします。

多忙と体調不良につき、
なかなかブログの更新ができずにいましたが、
何とかユーカリの写真を撮ることができました。

年始早々のネタは
寒さの中でも健気な蕾たちです。


まずは今最も注目株、
黄色い花が特徴woodwardiiの蕾です。

fancybox記事384の画像1

我が家では毎年蕾はできるのですが、
開花に至ったことは一度もありませんでした。

寒い中でもすでに開き始めてしまっている蕾がありますが、
これから厳冬期を迎えることになるので、
これは残念ながらちゃんと開花できないと思います。

いくつかは何とか無事に冬を越して、
暖かくなってからしっかりと開花して欲しいものです。


次に昨年初めて開花してくれた
decipiens ssp. adesmophloiaの蕾です。

fancybox記事384の画像2

株自体は病気がちで調子が良いとは言えませんが、
とにかくたくさんの蕾が付いてくれるので、
春までに無事に開花できる蕾が残ってくれると思います。


同じくdecipiensの亜種、
decipiens ssp. chalaraの蕾です。

fancybox記事384の画像3

これはわずか60cm程度の苗ですが、
今回初めて蕾を付けてくれました。

株自体の調子は非常に良いのですが、
まだ付いた蕾の数が少なく、
いくつか取れてしまっているものもあります。

何とか春まで乗り切って、
初めての開花実績を残したいものです。


我が家には原種を含めて三種のdecipiensがありますが、
その中で最も大きくて調子が良いのが、
原種のdecipiens ssp. decipiensです。

ところが最も大きく育っている原種に
蕾が付いたことは一度もなく、
なかなか付きそうな感じもありません。

亜種間の性質の違いかもしれませんが、
成長が順調過ぎると
花が咲きにくいように思っています。


次は人気品種、白銀のハートリーフが美しい
orbifoliaの蕾です。

fancybox記事384の画像4

orbifoliaは今までに何度も蕾が付いていましたが、
かなり早い段階で全ての蕾がダメになっていました。

今回は今までに見たことが無いくらいに
大きく成長していますので、
無事に冬を越すことができれば、
早春には開花してくれるものと思います。

ただすでにかなりの数の蕾が取れてしまっていて、
これも僅かに残った蕾の一つなので、
今までのように落ちてしまわないかとても心配です。

比較的大きく、美しい花が咲くので、
個人的にはかなり楽しみにしています。


最後はとても珍しい品種に蕾が付きました。
奇妙で特徴的な花を付けるforrestianaです。

fancybox記事384の画像5

これはたまたま見つけたもので、
まだ花芽が出たという段階だと思われます。

開花に至るにはまだまだ時間がかかりますし、
たくさんの障害があると思います。

でもそれを乗り越えて、
是非とも面白い花を見たいと思っています。


我が家には二株のforrestianaがあります。

一つは非常に調子が悪く病気がちです。
そしてもう一つはすこぶる調子が良いです。

今回蕾が付いたのは前者の調子の悪い方の株です。

我が家では調子の悪い株から蕾が付いていくので、
調子が悪くなり、生命の危機を感じると
子孫を残そうとして蕾を付けるという説は、
正しいのではないかと思わされます。

病気がちでも蕾が付いてくれるのは嬉しいのですが、
急に調子を崩して、蕾が一気にダメになることが多いので、
期待を裏切られることが多いのが玉にきずです。

# by eucalyptus_k | 2016-01-05 19:05 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)

今度こそ!ウッドワーディー(woodwardii)の蕾

今までwoodwardiiには何度も蕾ができており、
その度にご紹介をさせていただいています。

ところが管理に問題があるのか、
それとも気候が合わないのか、
元々折れやすく軟いwoodwardiiだからか、
多くの場合、マンション高層階特有の暴風で
開花までに蕾が落ちてしまっていました。

開花までに時間がかかりすぎの傾向があったので、
元々開花には至らない蕾が落ちただけなのかもしれません。


今回もまたwoodwardiiに蕾が付きました。
以前までとは比べ物にならない程のたくさんの蕾です。

fancybox記事376の画像1

fancybox記事376の画像2

今回は蕾ができてから育っていく速度がとても早いです。

今までにできて落ちてしまった蕾は
大概が夏~秋にできて、
冬を超えられずに落ちてしまうか、
春一番の強風で落ちてしまっていました。

文献によるとwoodwardiiの開花は
主に秋口になるようなので、
今年の秋までに間に合うでしょうか?

こちらの記事に詳しく載せていますが、
woodwardiiなどの特に乾燥を好み
過湿を嫌うユーカリについて、
今まで少し水が少なすぎた可能性がありました。

もしかするとそれが原因で、
蕾が開花に至らなかった可能性も考えられます。

今年は過湿にならないギリギリのラインで、
macrocarpaなどと同様に
woodwardiiでも潅水量を増やしています。

現在、macrocarparhodanthaなどの
潅水量を増やしたユーカリについて、
成長の進み具合と調子はびっくりする程に上々です。

果たしてこの結果が吉と出るでしょうか?

fancybox記事376の画像3

fancybox記事376の画像4

秋までに間に合えば、
今度こそ開花してくれるかもしれません。

# by eucalyptus_k | 2015-07-29 00:27 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)

恒例のプレウロカルパ(pleurocarpa)の開花

今年もpleurocarpaが開花しました。

fancybox記事374の画像1

本来の開花時期は6月中旬から7月初旬と
もう少し早いものですが、
日照が控え目な我が家のベランダでは少し遅くなります。

毎年少量ではありますが、
この時期の開花が恒例となっています。

fancybox記事374の画像2

白色とユーカリ中ではスタンダード色ですが、
花弁の先のしべが薄い黄色でなかなか華やかです。

fancybox記事374の画像3

一つの花が4つの区画に分かれているのが
pleurocarpaの花の特徴です。

fancybox記事374の画像4

このpleurocarpaの花は
数あるユーカリの花の中でも
かなり美しい花の一つになると思います。

この株はわずか65cm程度の株なので、
pleurocarpa本当に花の咲きやすいユーカリです。

手軽に美しい花が観られるので、
オススメのユーカリです。

# by eucalyptus_k | 2015-07-21 17:13 | ユーカリ(花と蕾)
↑PageTop
Trackback(0) |  Comments(0)
ブログ内記事検索
カテゴリ
ランダム掲載画像
おすすめユーカリ販売先

珍しいユーカリの宝庫です♪